Jin Nakamura log

「…日々旅にして旅を栖とす」と記した芭蕉翁ほどではないものの、自分が図らずも生み出してしまったナニガシカのブツを携えてノコノコとあちらこちらに出かけていっては、そこで思いがけずたくさんの人と縁を結ぶこととなり、時にこころ躍り、時にココロ焦がし、また癒し癒され…そんなことを繰り返している。紀行冒頭「月日は百代の過客にして…」は、ことさらどこか遠方に赴くということでなくとも、日々暮らす人生そのものが旅であると説くものと理解しているが、やはり“そこ”に行ってみなければわからないものは確かにある。一見同じような山河でもやはりどこか異なる気配を漂わせ、当然住まう人々はその風景の中に馴染み、旅人として郷に入った当初は自分自身もなにかしらよそよそしいものであるが、3日も現地の空気をすって、そこに染みだす山の水(酒も…)を飲み、土地のものを食い、伝わる言葉を聞き続ければ我が身の何割りかはすでに“そこ”のものに入れかわっているような気さえしてくる不思議。

そんなわけで今年も行ってまいりました、西国巡りの旅。順次報告していきましょうね。*写真は兵庫県豊岡市竹野町桑野本の里山と田園風景+そこに広がる田んぼアートです。

西国紀行_1 arrow-right
Next post

arrow-left bodhisattva-弥勒
Previous post

  • yokoiijima

    2011年10月26日 at 6:28 午前 | 返信

    私も仕事ですが、旅する機会を得ました。初めて立つ場所なので、ちょっとドキドキ!

  • jin

    2011年10月26日 at 8:42 午前 | 返信

    ちょっとだけドキドキしてあとは楽しんで来てね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です