Jin Nakamura log

ホテイアオイ

ヒメダカのいる庭の大鉢に繁茂してるこの水草。標高の高い我が家では一夏に数株咲くか否か…という例年なのだが、今年は9月も後半に差し掛かろうというこの時期になってもなお、日々花を咲かせ続けている。熱帯原産種の季節外れの盛りは、その可憐さよりも、深刻なglobal warmingを連想させて少々憂鬱。
そういえば8月末の東京での個展の折、各地でゲリラ雨が出現し、会期中ずっとお世話になっていた目黒の彫刻家宅では、一晩中移動しない空爆のような雷の夜を初めて体験した。まったくどうなっているのやら…。

健康診断 arrow-right
Next post

arrow-left ゆこもり
Previous post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です