Jin Nakamura log

夏庭2

自分のような凡夫は終わりなき永久(とわ)の夏を成長し続けてるということで、それはすなわち限りない未熟ということで。成長という言葉が適当でないなら変成の方が遠からずというわけで…って、そんなロジックをコネクリ回すほどに「オマエはバカか」と言葉を越えた人種からは言われているようで。しかしそう言われてもかえってドキドキしてワクワクしてちょっと嬉しかったりするわけで。で、そこまでくると変成というよりも、もはや変態に近いんかもしれないが、それでも凡夫は凡夫ナリにこの長過ぎる夏の始まる以前の記憶を必死に思い起こそうとしているわけさ。

そこで気がついたんだが霧の中でつかめそうなモノをジタバタ手探りするよりも、さっさと背を向けて真逆の方向へ今まで通り進むってのもアリかと。自分に一番遠いものって自分のすぐ後ろにあったりするでしょ…「だって地球は丸いんだもん!」

と、言いつつもたまに我慢できずに振り向いちゃったりするかもだけど。

それで結局考えてもどうしようもないことは潔く思考停止。考え始めると“今”から離れるから。

直前いろいろ arrow-right
Next post

arrow-left Opening flier
Previous post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です