Date: 8月 4th, 2010
Cate: art
Tags:

暑中お見舞い申し上げられました。

10804.jpg
理由は暑さだけではないと思われるが、なかなか更新ペースが上がらない当ブログ。そんな中、1通の暑中見舞いが届く。Blue Sky Project 2010…。同記されているBUN BUN PROJECTとの連動形体はよくわからないのだが、そういえばここ数年こんなふうにフィルムにプリントされたトンボ型のキリヌキが届いていた気がする。発送主はOBUSE Contemporaryでもお世話になった新潟の美術家・佐藤郷子氏。今回始めて気がついたのだがちょっとした組み立て式になっていて透明なトンボが台紙の上でゆらゆら浮くようになっている。台紙の裏には以下の文章(原文のまま)が…。
2006-2010 with1〜5/5(了)
5年をとりあえずの『区切り』としてスタートした『Blue Sky Project』。
それなら、5年かけて完結する作品にしようと思った。
●Bun bunに背負わせた文は、年ごとに連歌のように呼応させて起承転結とする。
●1作につき50部を作成し、30部は郵送で配布する。
●20部は会場で販売し、売上げはプロジェクトに寄付する。
こうして毎年、梅雨の時期には、会場展示の作品の他に配布用のBun bunのパーツを切り続けた。ある時は病院のベッド脇で、ある時は当番の会場で、そして今回は病院の駐車場で、
日常のこきざみな時間が、制作に結びつくのが面白かった。
おおよそ250個のBun bunが飛び立った事になる。
●withは5個揃う事で作品完成となる。
ふだん様々なメディアからなにげなく自分のてもとにとどく膨大なメッセージ。
あまりに数が多すぎて、あまりに日常すぎて、それが何を伝えたいのか、そもそもそれは本当に何かを伝えようとしているのかさえも気がつかないことすらあるような気がする。
それを感じて受け取る側の感性も問われそうな世の中かもしれない。
暑中お見舞いいただきました。ありがとう。

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]