Date: 2月 25th, 2013
Cate: landscape, log
Tags:  

晩冬

もう弥生三月も近いというのに、どゆこと!?ってくらいに冷気の底に沈んどります。用事がなかったら家から出たくない…が、勇気をふりしぼってちょっと歩いてみた。雪の表面がいったん融けてまた凍ってんのわかる?外はカリカリ、中はフワフワ…って出来のいいメロンパンじゃあるまいし。

晩冬の句会もすでに終了し、初春の投句を待たれているのだけれど、なかなかそんな気分になれないこの数日。と、その前にまずは先日句会の三句をば。

+

「白樺に黒葉しげるか寒烏」

「雪道の似合わぬアルファロメオかな」

「雪原にななめに立てる我のをり」

+

確か冬至の頃の日の入りは4時25分前後。現在は日の入りの位置もだいぶ北よりの山の端となり、1時間近く日が長くなっている。地球が大きく移動してるのがわかる。

3 Comments

  1. seasheepseasheep  
    2月 26th, 2013
    REPLY))

  2. 東京も「寒!」ですから、そちらの寒さは想像できません。東京でも、子供の頃、雪がひざくらい積もった記憶があるのですが。子供だったので、寒いより雪合戦やかまくら作りに興奮してました。

    1F

  3. jin jin  
    2月 26th, 2013
    REPLY))

  4. 雪がひざ…って、ソレって23句外?

    2F

  5. seasheepseasheep  
    2月 26th, 2013
    REPLY))

  6. は〜い。私育ちは、東京のはずれ。トトロの森が近いとこなので。
    23区内に行く時はそりゃあ、大変でした。高校は目黒区でしたけど、朝5時に起きて、6時には家を出る高校生活でした。

    3F

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]