Date: 8月 17th, 2012
Cate: art, exhibition, landscape, project
Tags:  

Triennale

9:00amに思い立ち、夕方の会議6:30pm帰参可能だろうと計算し、急遽新潟県十日町市へ上信越道を北上。

過去4回まだ一度も行ったことなかった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」里山アートツアー。十日町松代エリアはホント美しい里山が広がる場所。アートなんかなくても充分ステキな風景だし、世界中から集められた創造物は見ようによってはかえってジャマ…かな(ま、自分でもオファーがあれば喜んでツクルだろうな、作家ってそういう性だからさ)。でもアートがなければ多分ほとんどの人はココを訪れることはなかっただろうし、ココの美しさを顧みなかったかもしれないし、そういう意味では反面的には必要だったのかもね。町おこしの手法としてはとても成功してる雰囲気です。

帰りは長野新潟県境エリアをぐるっと一周する感じで時間的余裕を持って関越道南下コースを選択したのだがこれが大失敗。帰省ラッシュってまだ続いてたのね〜。下り線上信越道との分岐藤岡JCTに後一歩のところ(考えてみたらココ上り線の一部)で渋滞にはまり、その分ぴったり1時間会議遅刻。ゴメンナサイ!

2 Comments

  1. seasheepseasheep  
    8月 19th, 2012
    REPLY))

  2. 行ったのですね。「マユビト」に会いませんでしたか?
    http://www.facebook.com/media/set/?set=a.476457125699169.111278.413860051958877&type=1
    ワークショップもあったのだけれど、私は今年は行けませ〜ん。

    1F

  3. jin jin  
    8月 19th, 2012
    REPLY))

  4. 妖精さんですね。
    もしかしたらちょっとからかわれたかも…

    2F

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]