Jin Nakamura log

Je pense, donc je suis

描きかけの絵をなんとなく眺めてたら…吾想う故に、吾あり…なんでそんな言葉が浮かんできたんだろ。

目の前に起こりうることはすべて幻であったとしてもそれを想う自分だけは真実、そこに存在する…「そりゃいますよワタシはココに。アナタはいるのですか?ソコに。ホントに??…いやマジで???」みたいなことでしょ。こんなことまじめに考えるのってピンクのカラスが存在しないことを証明しようとする行為ほどにアホらしい…ような気がするのだが何故唐突に浮かんできたのだ? “でかると”ってだれよ。

自分の描いた(ている)目前の絵が幻かどうかはとりあえず保留にするとして、描いている絵を眺めていると絵がこうなりたい…って言うとか、木を彫っているとココを彫って…って言ってくるとか、そういう瞬間て確かにあるにはあるが、それもそれを表現できる技術があってこそと言えやしないか。芸事だからね、啓示を受けるのよいけれど研鑽も積みなさいってことですよ。

ちなみに言われた通りにできなくて、なんでこんなんなっちゃたの〜てなこともアリなんだな〜。だからこそずっと他のことなにもしないで描いてたいんだけど、あんなこともやっちゃってるし、こんなことも始めちゃったし、あー肩痛てぇし…って言い訳してる自分だけはやはり…真実。

*明日からお盆期間中特別企画でこの絵、沙庭にもってって公開制作ーって今のところ思いつきです。やるかもしれないけどやらないかもしれない、けどちょっとはその気…かも…ってどっちなんだい!。

Mid-bon-day arrow-right
Next post

arrow-left 予告
Previous post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です