Archive for 1月, 2010

Date: 1月 30th, 2010
Cate: 未分類

小布施

境内アート企画でお世話になるクリエイティブユニット「bonnecura」(ボンクラ)さんと玄照寺にて打ち合わせ。真冬の深閑とした境内を桜の頃、彼らがどんな風に染め上げてくれるのか楽しみ。
その後昨年オープンした小布施町「まちとしょテラソ」にて打ち合わせ。夕方からのテラソ新年会(於:小布施堂傘風楼)にもそのまま参加。*画像はまちとしょテラソ公式キャラクター「テラソくん」(正式名称:Terrasowrosso estamanina Ⅶ)最近はこんな仕事もしてたりして…。
terasow.jpg

Date: 1月 29th, 2010
Cate: 未分類

SALON DU CHOCOLAT

長男クンからチョコをお裾分け… といってもバレンタインてわけじゃなく。パティスリ(まだ新人だが)の彼は食い入るようにサロン・デュ・ショコラ(1/27〜伊勢丹新宿)公式ガイドムックを眺めている。まさにエヴァ本を眺めるが如し。ダロワイヨ、ジャンポール・エヴァン、セバスチャン・ブイエ…耳慣れぬショコラティエたちの名と功績を滔々と語る。彼にとっては皆あこがれのアーティストのようだ。小さな菓子を包む箱はそれぞれに贅を尽くしたデザインが施されており、掌にのせて眺めているだけでも楽しくなる。特別にダロワイヨの箱の紐を解き、6コ税込み2,100円也のフォンダン・アールグレイをいただいた。確かにアールグレイの風味とチョコの心地よい甘さが相まってトレビア〜ンな感じ。ジャンポール・エヴァンにサインをしてもらったというマカリヨンのかわいいピンクの小箱は、たぶんエヴァ初号機のフィギアのよこに並ぶんだろうな…。
ちなみに僕は1袋294円のキットカットミニも大好きです。

Date: 1月 24th, 2010
Cate: 未分類

ジオラマ

ふとジオラマを作ろう!と思い立ち、鉄道模型フェア開催中の松本パルコへ。思ったほど広くなかった会場は鉄男鉄子さんたちの熱気で満ちあふれていた。僕はこの分野のマニアではなく、ただ風景材料の調達をしたかっただけなのだが、考えてみたらわざわざ松本まで高速を飛ばさなくても、ネット通販を利用すれば済んだことだと後で気がついた。いつもいつも今ひとつ思慮が足りないようだ。
鉄道模型といえば桜庭一樹という名の女流作家が書いた「少女七竃と七人の可愛そうな大人」を思い出す。非凡な美しさをもつ主人公は、決して乗り込む事のできない模型の電車がループし続ける閉じた世界の内側に在り続ける。一方凡庸な少女は読者の共感を誘い、その危うい永遠性に憧れ、嫉妬し、必死に理解しようとする…そんな小説だったような。
ただただ同じ軌道を巡ってるだけなのにね。確かに風景は変わらないが時間は変化する。それでいいのか…。やはり僕はこの分野のマニアではない。
会場の向かいはこちらも別な意味でマニアショップ?VILLAGE/VANGUARD。コミックコーナーでジャケ買い2点「丸尾末広」「花輪和一」どちらもガロ系なの?

Date: 1月 23rd, 2010
Cate: 未分類

TALK SESSION

善光寺大本願にて展覧会の打ち合わせの後、同境内明照殿にての長野「門前町暮らしのすすめ」企画の「ナガオカケンメイ×みかんぐみ長野旅」へ。デザイナーと建築家というそれぞれの立場で”再生”をテーマに注目される仕事を展開する二人の公開トークセッション。スケッチブックを渡し、終日長野を引きずり回す…というところまでは良かったが、引き出しの多いお二人だけに、その後の検証とプレゼンののコーディネートがもう少し工夫されていればよかったか。まあそれにしても企画スタッフのみなさんお疲れさん。主役がそのスジの旬な方々だっただけに、期待も大きかったようで、計ったように各界の知人やらとお久しぶりの再会もあったりして、門前の夜はそれなりに楽しかったです。

Date: 1月 22nd, 2010
Cate: 未分類

制作開始

広島尾道「空間あいまい」での個展日程が正式に3月19日〜4月4日までときまり、今日からツチモノの制作開始。昨年秋の個展/オリーブアイ以来。かなり久しぶりにロクロをひいてみたが何とかなる。もっとももともとそんなに超絶な巧さではないので、テキトーな感じなのだが、その分紋様でしっかり埋め尽くしますのでご容赦を。それよりも問題は年をまたいでほっといた釉薬や化粧土のたぐい。年明けから続いた寒波の影響でポリバケツの中は全て冷たい個体と化し、一日中薪ストーブを焚いて融かす。冬はよけいな作業が多くて困る。

Date: 1月 19th, 2010
Cate: 未分類

2010境内アート

まだまだ寒い日が続く今日この頃ですが、奥信濃桜満開の頃(4月17・18日)開催の境内アート。今年のフライヤーはこんなです。二王阿形type-A、吽形type-Cそれぞれの金剛製胸当てから阿吽ビームを放つの図。相変わらず濃イイ芸風でスミマセン。アート・クラフト両部門に分けて公募し、規模を拡大してから今年で3年目。すでに予定数80組のクラフト部門は上限に達し、50組のアート部門に若干の受付可能余地があるという事です。まだ間に合いますのでお問い合わせを!引き続き飲食部門も募集中とのことです。
2010A4.jpg

Date: 1月 17th, 2010
Cate: 未分類

ガンプラ

長男(若干OTAKU-BOY系+一応パティシエ )が友人からもらったというガンプラを組み立てている。ちなみに彼はエヴァファンだ。僕も世代ではないのでガンダムにはさほど興味無し。ケロロ軍曹にヤツの趣味としてちょくちょく登場してくるので、その筋のマニアはいるんだろうなー程度の理解。が、しかし。スゴイのね、最近のプラモって。まず接着剤を使用しなくても完成できる。僕のガキのころは、商標「セメダイン」の有機溶剤系の香りにクラクラしながら制作したものだが…。セメダインを上手にはみ出さないように使えてこそのプラモ作りな気もするのだけれど。次に可動部分が異様に多いことに驚く。指の第1、2関節以外の関節部は全て可動だ(コチ亀の両津勘吉が作るヤツは全ての指関節まで動くが)。最後に素材。プラモってくらいだから主素材はプラスチックだが一部「合成ゴム」が使用されていて、関節の裏側とかむき出しのチューブなど複雑なマシンぽいリアリティーを醸し出すのにかなり有効だ。考えてみれば60年代の鉄人とかアトムは機能の割りにはシンプルな筐体デザインなので、設定としてはかなり科学技術が発達した時代のモノということになる。特に鉄人の場合レバーが二つしかないリモコン(ファミコンより少ない)の操作で人間的な動きの全ての操縦をまかなうわけだから脅威的といっていい。
それより、可動しなくてもいいから「仏像プラモ」ってないかしら。千手観音1/10スケールとかあったら即買いなんだけど。

Date: 1月 14th, 2010
Cate: 未分類

Art Restaurant 2010

実は軽井沢ショッピングプラザイースト内フレンチレストラン「HEUREUX」にて食とアートのコラボ企画”ART RESTAURANT 2010″を開催中。1年を4季に分けて展示替えをしていきます。お楽しみに。
10114.jpg

Date: 1月 12th, 2010
Cate: 未分類

2010112

気がつくと「無心」になってる状態がある。例えば焚火をただじっと見つめていたりすると。そんなとき気持ちがカラっぽなのかというと実はそうでもない。何かをきっかけに無意識にアタマの中でとりとめのない思考の連鎖が始まり、ものすごい勢いで連想ゲームが加速度をつけて連なっていく。その間おそらく数秒、ふと我に返り、連なった一番最後尾の話題(別に話し相手がいるわけではないので声を発しない独り言みたいなヤツ)を考えている自分を認識するが、その時点で数秒前の記憶は忘却されていて今何故このような想いに至っているのかが思い出せない。そしてそれはやっかいなことに大概の場合ネガティブ思考だ。それから不用意に落ち込んだダークサイトより己を引き上げるべく、事の発端に遡らんと数秒前の記憶の前世をたどってみたりしている。ボーっとしてるとろくな事がないって話だ。だからモノを考えるときは意識をしっかりもって真剣に考える。気をしっかりをもって悩む…って感じかなー。
さて、今晩はいつになく冷え込みが厳しい。家の前の坂道はつるっつる。
*最近届いた展覧会情報より…
アーティスト・イン・レジデンス山梨 「ASIAN☆GIRLIH」ファン・ユンジュ他
◎三人展/内田鋼一・神林學・安土忠久/うつわ菜の花

Date: 1月 10th, 2010
Cate: 未分類

新春のお慶びを申し上げます

あけましておめでとうございます。
以前3年ほど続いたブログはサイトのリニューアルが滞ってる間にすっかりリズムを崩し、途中再奮起の気配を見せたものの、やはり1度つまづいたものはいかんとも修復しがたく、ついにこの2010年を迎えるにいたりました。年が明けたので…とはあまりにもベタな理由ではありますが、きっかけは大事です。年末に友人でKPDの映像作家M氏、僕が不用意にサイトラフ案に入れてしまった”last update 09.12.30″を律儀に解釈し、昨今話題の新型流行ウイルスの抗体を己の体内に生成しつつも、体裁をかように整えてくれた恩にも報いなければと、本日再開を宣言いたします(あー言っちゃたー)。
ま、生活に決まり事というか日課みたいなのがあることは健全な感じもしますしね。前回のときと同様、できるだけポジティヴな目線で書いていきたいものです。では今年もよろしくです!